niner_logo.jpg logo.gif
29er(トゥナイナー)MTB(マウンテンバイク)専門メーカーNiner Bikes代理店CycleGaragePAZの日記

2011年08月10日

DoRide XC#4天狗山withみっつん

土曜日やまめの学校に続いて日曜日は
DoRide XCシリーズ#4天狗山大会

もちろん、みっつんもゲスト参加!



開会式での挨拶
tengu1.jpg
左端はおなじみDoRide佐々木さん


キッズレースからスタート
tengu2.jpg
やまめのジュニア純くんもレースデビュー
スタートピストルに驚いて大泣き!


小学生の部
IMG_4995.JPG
子供たちについて走るみっつん


スポーツ、マスターの部
tengu4.jpg
ここでも、みっつん。
同じくゲスト参加した堂城校長、山本兆選手も含めて全レース一緒に走りました!


最後のエリート・エキスパートのスタート準備中
tengu6.jpg
堂城さんはNINERジャージ、
みっつんは勝負服のワンピースでいざ出陣!


エリート・エキスパートスタート
tengu5.jpg


みっつん
tengu8.jpg
[photo by こて2さん]
エリート男子に負けずに走ってます!
記録でもエリート男子10位相当でした。


IMG_5442.JPG
[photo by こて2さん]
堂城校長


閉会式で
IMG_6019.JPG
[photo by こて2さん]
みっつんからの豪華プレゼントのジャンケン大会


IMG_5898.JPG
[photo by こて2さん]
人気者のみっつんはたくさんのライダー、子供たちに囲まれてました。
みんな口々に
「かわいいヒト」
「笑顔が素敵」
「なのに早〜い」


レースが終わったあとはMTB女子会?で
みっつんを囲んでジンギスカンパーティ。
わたしも数少ない男子ですが混ぜてもらいましたよ!
北海道最後の夜を楽しんだみっつん、
天狗山12周もしたのに最後まで元気でしたよ〜

北海道ツアーの様子は、
みっつんブログでも載ってますのでぜひ見てくださいね。
posted by パズ at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Race | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

Japan MTB National Championship Report by Mitsumi

Race Report

24th Japan National Mountain Bike Championships

Sunday, July 17, 2011

Venue: Fujimi Panorama Resort, Nagano
Weather: Sunny

Equipment
Bike: Niner AIR9 Carbon
Wheels: Stan's NoTubes ZTR CREST 29er
Tires: Stan's NoTubes Raven 29 x 2.2 (front & rear)
Eyewear: adidas evil eye
Pedals: TIME ATAC XS CARBON
Helmet: MET SINE THESIS
WEAR WAVE ONE
Result: 3rd

Winner Katayama Rie SPECIALIZED 1:21:59
2nd Place Nakagome Yukari Sy-Nak SPECIALIZED 1:23:59
3rd Place Yazawa Mitsumi 1:25:20

This year I’m in charge of a class of 6th graders so I don’t have much time to train, and I’ve only raced once this season at the Single Speed MTB Japan Open. This was my 8th or maybe 9th Japan National Championships to date. As the years go by, my attention becomes more focused on the national championships and my desire to win grows stronger. However, until about a month before the race I was in two minds as to whether or not I could take part. This year’s nationals were different from the ones in the past – my personal stance had changed from “riding to win” to “enjoying the ride.”

There were hardly any changes to the course itself but the section under the chairlift had become a steep climb. Since I hadn’t raced yet this year, my starting number was 14, which was something quite new to me. As the other riders were called to the start, I found myself third from the end of the list, lining up to standby in the third row from the front. There I could see the backs of the riders in the front row, where I would normally start. Somehow there were no nerves, just excitement about the race that was about to start.
P1020492.jpg

Starting at the back seemed slow; pushing the pedal just that little bit later as I watched the riders at the front fly-off the moment the starting pistol was fired. But the slow start helped me stay calm, enabling me to look around and pick my line – the far left at first … from far left to the center … advancing slowly up the field at my own pace. It was a strange feeling; the starting pace felt slower than ever before. Riding right behind Rie (Katayama), I was soon able to pass her without much trouble, but just before the single-track section I found myself being passed by a rider who had stepped up the pace to take the lead – it was Rie, of course.

I entered the single track behind her and, although I had not been nervous, I realized my body was stiff as I started to descend. Before I knew it I’d lost my balance and crashed! Argh!
I was soon back up on my feet but had already been passed by Yukari (Nakagome).

This year’s strategy was just to ride like mad. My weekly ride time of 3 or 4 hours just at the weekend made my decision to ride the nationals seem reckless; all I could do was ride with the strength I had. It was just a matter of giving all I’d got and seeing how far I could go.
The feeling at the start was great, but the 5-lap race had just started.

It was Rie followed by Yukari, myself and then Kanako(Kobayashi).

I managed to regain my composure and remained just behind Yukari. At the top of the climb up from the parking lot I made an attempt to get in front of her, but she was not going to let me do it that easily. I remained on Yukari’s tail as we headed downhill and into the climb under the chairlift. There was room to pass just before the course narrowed, and I went for it. I could hear the shouts of encouragement of the spectators at the steepest point as we passed the trees alongside. Among them, a friend from university I hadn’t met for ages and who just happened to be at Fujimi that day. The cheers of the spectators seemed to lift me, as my feet pushed hard on the pedals.
P1020512.jpg

P1020514.jpg

The placing was irrelevant; I was just enjoying the moment I’d been given and felt as if that was the most important thing. Even so, being in second place is always better than being third!

The pace of the second lap didn’t change that much from the first, and the positions remained the same, too. I could hear the taiko drums on the steep climb – the same person that always plays for us – and the horns that sounded at various points around the course, seemingly pushing me from behind as I rode around the course! Any suffering was somehow soothed by the voices of encouragement with which I was showered.

Into the third lap, and midway up the climb from the parking lot I was passed by Yukari and dropped into third place, where I stayed for the remainder of the lap.

At the start of the 4th lap I managed to take my first bottle … but dropped the gel. The sun was scorching and I was particularly conscious of drinking lots of water. But until then, I’d failed in all my attempts to grab a bottle – managing to get by on water from the official feed.

On the 4th and 5th laps I could see the rider in front but my lack of stamina was conspicuous.

“Don’t give up!!”
“Mitsun[1], keep smiling!”
“Mitsun, are you enjoying yourself?”
It was as if they knew what I wanted. I was so happy to receive many such shouts of encouragement before finally crossing the finish line in 3rd place.
P1020532.jpg

I’ve finished in 3rd place many times before, and I’ve often finished 2nd, too; but for some reason I stepped on the podium this time invigorated and satisfied like never before.

I had been undecided about entering but I was so glad I had ridden the Japan National Championships. I had faced up to myself and not tried to run away; I had given all I had at the time, and enjoyed it all without wasting a single second.

I’d like to take this opportunity to thank all the people who did so much to support me in participating in the national championships. To CYCLE GARAGE PAZ in Hokkaido, who despite not knowing whether or not I would be able to compete in races, provided bike support to enable me, as someone who loves bikes, to “convey that enjoyment to as many people as possible.”
My bike, Mikan-chan[2], the greatest, most compatible partner, which – in my first race on a NINER – proved to be a real strength to me: the niner Air9 Carbon just seemed to glide over the ruts and tree roots that litter the Fujimi course.

The stability in the downhill sections and ability to keep a low center of gravity enabled me to descend with more confidence than before – a bike that seems to transmit all the force on the pedals simply into forward motion.

Thanks also to Takagi Masaru of Yamame Kobo for the advice regarding the riding form and position on the bike, and for all the maintenance carried out with a friendly smile. “It’s best to relax when you ride” was the laid-back advice for which I’m truly grateful.

Yazawa Mitsumi

[1] Mitsumi’s nickname
[2] Directly translated as “Miss Tangerine,” what Mitsumi affectionately calls her bike
posted by パズ at 16:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Race | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

全日本MTB選手権・矢沢みつみ選手

矢沢みつみ選手から全日本MTB選手権のリポートが来ました。

今年からサンデーライダーになった矢沢選手(みっつん)、
楽しんで走って3位入賞、立派な成績です!


レースレポート
レース名:第24回全日本MTB選手権大会
開催日:2011年7月17日(日)
開催地:長野県 富士見パノラマリゾート
天候:晴れ
使用機材: バイク niner AIR9 Carbon
ホイール Stan's NoTubes ZTR CREST 29er
タイヤ 前後 Stan's NoTubes Raven 29x2.2
アイウエアー adidas evil eye
ペダル TIME ATAC XS CARBON
ヘルメット MET SINE THESIS
WEAR WAVE ONE
結果: 3位

1位 片山 梨絵 1’21’59
2位 中込 由香里 1’23’59
3位 矢沢 みつみ 1’25’20

今シーズン初めてのレース出場。
しかも、それが、1年に一度の一発勝負の全日本選手権。
今まで全日本選手権に出場した回数は8回?9回?
年がたつにつれ、全日本への思いも強くなり、勝ちたいという思いもどんどん強くなっていった。
出場するかしないか、いや、できないか、1ヶ月前まで迷っていた。
昨年までの自分自身とは違ったスタンスで臨んだ、今年の全日本選手権だった。
“勝つために走る”から“楽しんで走る”へ。


コースはほぼ変更はないが、リフト下がきつい上りになっている。
今シーズンレースに出ていないため、ゼッケンナンバーは「14」。
これまた、とても新鮮だった。
選手たちが次々とコールされ、私がコールされたのは後ろから3番目???
3列目にスタンバイする。
前に並ぶ選手たち。
普通なら最前列に並んでいるだろう自分が、後ろから選手たちを見ている形。
なんだか、緊張とかそういう気持ちはなく、これから始まるレースにワクワクしている気持ちのみ。
P1020492.jpg

後ろからのスタートは、スローな感じだった。
号砲と共に一瞬先に飛び出す選手を見ながら、わずかに遅れてペダルを踏む。
スローなスタートが自分の気持ちを冷静にさせてくれ、周りを見ながら空いているラインをさがした。
一番左・・・
左から真ん中へ。
自分のペースで前に出て行く。
不思議な感じ。
今までに比べて、スタートのペースが遅く感じた。
片山選手のすぐ後ろを走り、一度は無理なく前に出た。
シングルに入る手前、ペースを上げてトップで入ろうとする選手が隣を抜けていった。
当然、片山選手。
彼女の後ろでシングルに入った。
緊張はしていないつもりだったが、シングルの下りに入り、自分の体がかたいのに気づいた。
下り初めてすぐにふらついて転倒してしまった。
あちゃ〜・・・・と、すぐに立て直し、その間にかわされてしまった中込選手の後を続いた。
今年の作戦は、「がむしゃら戦法」。
1週間のライド時間は週末のみの3〜4時間という中での無謀な全日本出場なので、ある力でしか走れない。
それを、全部出し切ってどこまで走れるかが全てだった。
スタートの感じは、めちゃくちゃいい!!
ここから、5周のレースが始まった。


片山選手、中込選手、私、小林選手の順番だっただろうか。

体勢を立て直し、中込選手の後ろを追って走った。
駐車場からの上り頂上で中込選手の前に出ようと試みたが、簡単には出させてくれなかった。
そのまま後ろをついたまま下りへ。
リフト下の上りへと入っていった。
コースが狭くなる前に、前に出られるポイントがあった。
そこで、すかさず前へ。
木々の横に立ち、一番きついところで応援してくれる方々の声。
その日、偶然富士見に来たという、久しぶりに会った大学時代の友人の声援。
たくさんの声に後押しされ、ペダルを踏む足にも気合いが入った。


順位なんて関係なく、ただ、自分自身に与えられたこのときを楽しむこと、それが一番大切なことのように感じられた。
そうはいっても、3番よりは2番の方がいいに決まってる。
P1020514.jpg

2周目は1周目のペースとさほど変わりなく走れたのか。
順位もそのままで走った。
きつい上りで聞こえる太鼓の音。
いつものあの人がたたいてくれてる〜!!
コースのあちこちで響き渡るラッパの音。
コース上を走り回り、背中を押してくれる大きな力に感じた!!
そんなたくさんの声援に包まれ、心地よい苦しさを味わった。
P1020512.jpg

3周目に入り、駐車場からの上りの中盤で中込選手にかわされ、3番に後退してしまった。
ついていこう。
順位変わることなく、3位で3周目を終了。


4周目に入るとき、初めてボトルがとれた。
ジェルは落としたけど・・・
暑い日差しが照りつける中のレースだったので、水分補給は十分にしないとと思っていた。
でも、そこまでもうまくボトルをとることができず、失敗ばかり。
オフィシャルフィードの水を使いながら、どうにか大丈夫だったけど。
4周目、5周目は、前に選手は見えるものの、持久力不足が顕著にでてしまっていた。


気持ち切らすな!!
みっつん笑顔で!!
みっつん楽しんでるかあ〜!!
私の狙うところを分かってくれているのか、そんなうれしい声もたくさんいただけた。
そのまま3位でゴール。



今まで3位でゴールしたことは何度もあった。
2位になったことも何度もあった。
でも、なぜだろう?
今までで一番、すがすがしく、満足感があり、表彰台にのれるということをこんなに幸せに思ったことはなかった。
P1020532.jpg

さんざん迷ったけど、全日本選手権に出て良かった。
今の自分と逃げることなく向き合えて、今できる自分の全てを出し切れて、1秒も無駄にすることなく味わい楽しめた。



今回全日本選手権に出場するにあたり、力をいっぱい貸してくれた大勢の方々。
レース活動ができないかもしれないという私に、自転車を愛する一人として、もっとたくさんの人にその楽しさを広めて!!と、バイクサポートをしてくださった、北海道の「CYCLE
GARAGE PAZ」様。
みかんちゃんは相性バッチリの最高のパートナーです!!
今回、初めてのNINERのバイクでの参戦となりましたが、本当に強い見方になってくれました。
ところどころに木の根などのギャップがある富士見のコースですが、niner Air9 Carbon は、それらをスルスルと乗り越えてくれました。
下りでの安定感も抜群で、重心位置が低く保てるため、今までよりも安心して下っていけました。
踏んだだけ進んでくれるバイク!!です!!

自転車の乗り方のアドバイスをいただき、ポジションだし、メンテナンス全てを快くしていただいた「やまめ工房」様。力抜いて乗るのが一番だよ〜!と、ゆる〜い気持ちで臨ませてくださりありがとうございました。


photo by reiさん ! Thanks!!

矢沢みつみ
posted by パズ at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Race | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

XC#5富士見XCレポート「矢沢みつみ選手」

当店からNoTubes製品を供給している矢沢みつみ選手からレースリポートが届きました。

--------------レースレポート--------------

レース名:2010年 JCFマウンテンバイクジャパンシリーズイン 富士見パノラマ大会
 クロスカントリー第5戦 
主催:MTBジャパンシリーズイン富士見パノラマ大会実行委員会
開催日:2010年9月20日
開催地:長野県 富士見パノラマリゾート               
天候:晴れ
使用機材: アイウエアー   adidas  evil eye
ペダル      TIME  ATAC XS CARBON
ヘルメット    MET  SINE THESIS
WEAR      WAVE ONE
ホイール     Mavic C29SSMAX 
タイヤ      前後 Stan's NoTubes Raven 29x2.2 
オイル      レース前30分SPORTSBALM イエロー1
         レース後           グリーン1Recovery oil
結果:2位

1位 片山 梨絵 (SPECIALIZED)1’29’49                 
2位 矢沢 みつみ         1’32’45 
3位 田近 郁美 (God Hill)   1’39’41

富士見パノラマで行われるレースは、今シーズン3回目。
慣れたコースでのレースだけに、みんな気合いも入っていた。
前回の8月の白馬でのレース以来、少し期間があいていたのでどのくらい走れるだろうと思っていた。
コースはいつもと大差はなく、スタートが若干のびた程度だった。

前日にはスタートを全開でいこうと思っていたのだが、当日の体と相談し、イメージより少し下のところで走り、シングルに入っていくようにしようと決めた。
スタートし、砂利の上りを上っている時には4位、シングルに入ったのは、3番手だった。
トップの選手のスタートは速く、シングルに入るまでに少し差がついてしまった。
シングルに入って下っているときには、コーナーがあるごとに、前にいる選手との差が詰まっていった。
駐車場に出るところの下りでは、後ろについて下り、駐車場に出たときに、様子を見ながら前に出た。
すぐ後ろをくる気配を感じたが、長い林に入ってから少し距離が開いたことが確認できた。
気持ちが切れないように走りたかった。
林の中では、トップの選手が見えた。
リフト下にいっても、前にはトップが見える。
今までにないことだった。
自分のイメージの中では、トップについて最初の周回を終えるはずだったのだが・・・
イメージとはだいぶ違う・・・
1周目を終えたときに告げられたのは、前と40秒差。

2周目に入り、エキスパートの選手がたくさんいるようになった。
今まで自分がいつももっと遅いところを走っていたので、男子選手と出会うことはそんなには多くなかった。
今回は男子が続々と前に見えてきたので、目標にもなった。
反面、慣れていないだけに、前に出るときの難しさも感じた。
林の中でかけられる声、「ラップが落ちているぞ!」
自覚はないものの、周回を終えると実際に落ちている。

3周目。
林の上りでしっかり回していくことを心がけた。
次にどのコーナーがくるとかは、頭に入っていたので、その上りも長くは感じなかった。
トップはもう見えない。
息が上がってきている。

4周目。
かけられる声は、「前とも後ろとも開いているから、自分のペースでしっかり!」
自分のペース以上で走りたい。
そう思って走った。
下りで男子選手とつまってしまった。
ラインは何本かあるのに、前に出ることができなかった。
技術不足を感じた。
もっと余裕を持って、みながら下れるようにならなければ・・・と思った。

5周目。
最終周。
パンク注意!
残りの力すべてで踏んだ。
トップとの差を少しでも縮められるように。
2位でゴール。
トップとの差2分55秒。
今までの差を考えると、私も速くなってきているのかもしれない。
でも、まだまだ差は大きい。
少しでも詰められるように、そして、表彰台の一番高いところにあがれるようにがんばりたい。

応援ありがとうございました。
posted by パズ at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Race | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。