niner_logo.jpg logo.gif
29er(トゥナイナー)MTB(マウンテンバイク)専門メーカーNiner Bikes代理店CycleGaragePAZの日記

2009年04月28日

GARMIN EDGE705 GPS付サイクルコンピュータ

GPSナビゲータ付きのサイクルコンピュータ、
GARMIN EDGE 705の日本語版が入荷しました。

<主な標準装備機能>
・GPSナビゲータ(軌跡ログのパソコン地図表示付き)
・速度計
・ケイデンス計
・高度
・ハートレイト(心拍計)
・走行距離、走行時間、ラップ(オートラップ付き)
※詳しくはメーカーサイトをご覧ください。
<オプション>
ANT+規格互換のパワーメーター表示
 私は英語版でSRMとの連携でパワー表示をしています。

すでに英語版が先行販売されていて、
私は英語版を使用していますが、画面比較を紹介します。

マップ画面
 地図の地名表記も日本語です。
edge1.jpg

サイクルメータ画面
 表示する項目を選択でき、2種類の画面表示を切り替えれます。
edge2.jpg

装着例
 ステムマウントとハンドルマウントのアタッチメント2種類付き
edge4.jpgedge5.jpg

装備一覧
 ハートレイトベルト、スピード/ケイデンスセンサ、マウント、USB接続ケーブル、ACアダプタが標準装備
edge6.jpg

付属ソフトなど
 トレーニングセンタ、マップソース、1/25000日本語地図
edge7.jpg

気になる金額は上記セットで、
 99,750円(税込み)

やっぱり高いですかね〜
英語版は63,800円ですが、
 地図も日本語表記できるのと英語版にUUD製ローマ字表記の日本地図をインストールすると別に別に9,450円かかります。
 また、比較対照としてGPS機能無しのPOLAR RS800が65,100円ですので、
GPS機能つきと考えれば高くは無いでしょう。

詳細が知りたい方、ご購入希望の方は
Cycle Garge PAZ「問い合わせページ」からお願いします。
posted by パズ at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bike & Parts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

RECONチタン・スプロケット

RECONのチタン製スプロケットが入荷しました。

オールチタン製で188gと超軽量!
シマノXTR11〜34Tが実測246gですので58gの軽量化になります。
強度に関しては、
シマノXTRのロー側4枚のみチタン製に比べて
負荷のかかるトップ側の耐久性が若干落ちるますが、
決戦用と考えれば問題無いでしょう。
もっと軽量なものではアルミ製もありますが強度に不安が有り、
実際わたしも使用してスパイダーアームが折れたことが有ります。
IMG_0091.JPG

刃先はシマノのHG刃先と同様にポイントが施されていますので、
チェンジレスポンスも悪くなさそうです。
IMG_0092.JPG

歯数:11〜34T
重量:188g(実測)
価格:34,000円(税込)
posted by パズ at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bike & Parts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

NoTube ZTR Raceホイールに待望の29er!

NoTube社製、超軽量ホイールのZTR Raceに、
待望の29er用がデビューしました!

重量は前後1,370g(F635g,R735g)と29er用ホイールとしては最軽量ではないでしょうか。
これでホイールの重さがネックといわれていた29erが無敵になります!

北京オリンピックで女子のサビーネ・スピッツに金メダルをもたらし、
男子選手も使用していた抜群の超軽量ホイールです。

Race-29-large.jpg

重量:前後1,370g(カタログ値)
体重制限:77kg
価格:104,500円(当店価格)
入荷記念特価:99,275円(限定2ペア)

詳しいスペックはショップページをご参照ください。

初回ロットとして2ペアの入荷を予定しております(4月27日頃入荷予定)。
その後は、完組ホイールは原則として取り寄せとなりますので、
お届けまでに10日〜14日ほど要します。

ご注文は当店ショッピングページよりお願いいたします。
posted by パズ at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bike & Parts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

NINERリジットフォーク

NINERのクロモリリジットフォーク
AIR9に付けてみました。
CA3A0119.jpg
CA3A0118.jpg

フォークはSolid GoldのMCR9用に用意していたもので、
MCR9の入荷が遅れていて、とりあえずAIR9に付けてみたのです。
ほんとうはAIR9には4月発売のカーボンリジットフォークをつける予定です。
それでも画像の状態で重量は9.04kg。もうちょいで8kg台なのですが・・・
カーボンフォークでしたらさらに500g軽く出来ますので楽勝で8kg台ですね。

フロントタイヤは2.0を装着していますが、
2.2以上の太いタイヤですとショック吸収も申し分ないです。
RAVEN29x2.2(重量550gほど)が発表になり発注しているところですので楽しみです!
posted by パズ at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bike & Parts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

Amanda クロモリフォーク

Amandaさんに注文していた
クロモリ・ストレートフォークが来ました!
amanda1.JPG
amanda2.JPG

わたくしのバイクはMTBはクロモリ製も所有、
トラックレーサーは20年以上前のクロモリ製。
ですが17年ほど前にTVT92HMというフルカーボンバイクに乗ってから、
かれこれ17年ほどクロモリ製のロードバイクには乗っていませんでした。

Amandaさんにクロモリロードをオーダーしようとしましたが1年以上待つと・・・
千葉さんからフォークだけでも変わるよと言われ今回のオーダーに至りました。

さっそく愛車のSalsa Campeonに装着してライド。
昨日は20kmほど、定休日の今日は70kmほど走ってきました。

フレームはスカンジウム+カーボン、フォークがクロモリと、
3種混合になりましたが、予想通りのショック吸収、にもかかわらずブレない!
画像では手組みホイールですが、今日はわざと硬いディープリムを前輪に装着。
道路の段差や目地を乗り越えても、ガツンガツンという衝撃ではなく、
ボコッボコッという感じで、まるでMTBで段差を乗り越えるような感触。
それでいてダンシングなどでのタワミが無く、よく進んでくれる!

MTBのように大きな衝撃でしたらサスペンションやカーボンフォークも必要でしょうが、
ロードバイクの場合は路面の細かい衝撃、それでいて剛性も必要です。
Amanda千葉さんの素材を自在に操れるクロモリマジックでしょうかね!


<スペック>
パイプ:カイセイ0.9mmクロモリテーパー管
コラム:クロモリOSカーボン巻き
重量:750g
当店価格:58,800円(税込)

※ご希望の方はオーダー賜ります。
体重、乗り方などをAmandaさんに伝えて納期1ヶ月ほどとなります。

posted by パズ at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bike & Parts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

NoTube液を使用したチューブレス化・・・準備編

大変、永らくお待たせいたしました!
NoTube化の記事の投稿が遅れておりました

まず、NoTube液を使ったチューブレス化の基本について説明いたします。
■方法の選択
その1:クロスマックスなどのUSTリム+ノーマルタイヤ+NoTube液NoTube用バルブ
その2:ノーマルリム+NoTube液NoTube用バルブ+NoTube用リムテープ
その3:NoTube用設計リム+NoTube液NoTube用バルブ+NoTube用リムテープ
 1と2・3の違いは、ニップル穴の有るノーマルタイヤ用リムを、専用のリムテープを使用してニップル穴からの空気漏れを防ぐことです。
 2と3の違いは、NoTube用設計リム(ZTR355ZTR355 29erなど)はリムのエッジ部分が低く、よりビードがはまりやすい設計になっているのです。もちろん、他社製のリムでも必ず出来るという保証は有りませんが、NoTube化は出来ます。私の実績では、マビック製のリム、ボントレガーのホイール、ヴェロシティのリムで成功しています。

■必要なもの
 ・NoTube液
 ・NoTube用バルブ
 ・NoTube用リムテープ(USTリム以外)〜工夫と根気が有ればビニールテープでも可
 ・大容量を入れることの出来るフロアポンプ(一気にエアーを入れる必要が有ります)

■有ると便利なもの
 ・コンプレッサー
  普通のサイクリストは持ってませんよね〜最近はホームセンターなどでも1万円前後で買える時が有りますが・・・
  近くの自転車屋さんに持ち込むか、ガソリンスタンドで借りる、車の修理工場やオー○バックスなどのカー用品店で借りるなどの方法があるかと思います。
 ・注射器あるいは専用インジェクター
  NoTube液をバルブから継ぎ足すのに有ると便利です。
 ・根気!
  実はこれが一番必要かもしれない(笑)
  作業(特に下準備)はやはり手間がかかります。

■なぜNoTube液を使ってチューブレス化するのか?
 1.USTリムやUST完組ホイールより断然安いホイールで出来る。
    NoTube液を使ったチューブレス化の費用は、総額で6000円程度(タイヤ1本分)でしょうか。ホイール本体の重量はUST完組ホイールより安く組めます。
 2.USTタイヤを買わなくても手持ちのタイヤで出来る。
 3.軽量化できる
   USTタイヤの重量は200g以上も重いですよね。この差はチューブ1本分以上です。入れるNoTube液の量は60〜90g程度でチューブ1本分以下なので軽量化できます。
 4.しなやかな乗り心地
   ビードとサイドがやわらかいノーマルタイヤをチューブレス化するので、乗り心地がしなやかでグリップ、トラクション共に向上します。

 明日は、いよいよ工程を紹介いたします!
posted by パズ at 22:45 | TrackBack(0) | Bike & Parts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

29er用ホイール

しばらく更新をサボってました_(._.)_

29er用ホイールって少ないですよね。
STANS又はSALSAリムで組み上げると意外と安く軽いホイールが出来ます。
クロスマックスやZonosは値が張ります。
何よりも29erには、手組みホイールの適度なショック吸収がぴったりです!


<店長が丹念に手組みで組み上げる29er用ホイールの一例>
gzC[.jpg
リム  :STANS ZTR29er 32H 又はSALSA デルガド レース 32H
スポーク:DTコンペティション2.0X1.8
ニップル:DTアロイ
ハブ  :シマノXTR DISC(センターロック)
など各種用意しています。
ホームページ  http://www.cg-paz.com/shop/11_46.html

次回予告・・・更新サボらないように予告しておきます。
「NoTube液を使用したチューブレス化について」

posted by パズ at 22:03 | TrackBack(0) | Bike & Parts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

Niner Air9インプレッション

Niner Air9のインプレッションです。

<仕様>
フレーム:Niner Air9
サイズ:S(15.5')
カラー:オレンジ(Tang)
素材:Easton スカンジウムパイプ
 サスフォーク:RockShox Reba Race Air 29 | 80mm travel
ホイール:STANS ZTR355 29erリム(32H)、アメリカンクラシック・ディスクハブ、DTコンペティション
タイヤ:KENDA Karma 29er 1.9
ハンドルバー:Salsa PRO MOTO CARBON 11°
ブレーキ:Magura Marta SL
ドライブトレイン:SRAM XO(RD),XTR(FD),SRAM XOトリガーシフター
クランク:ボントレガーRace X Lite Carbon 44/32/22

air1.jpg とかく重くなりがちな29erですが、軽量パーツをおごることで超軽量29erを目指しました。
上記の仕様で完成車重量は9.8kgです!
標準的なパーツ構成でも10kg台前半に収まるでしょう。
巡航性と軽量を兼ね備えたXC仕様の29erと言えるでしょう。



 ショック吸収性を確かめるため、細めのタイヤ(1.9)でエア圧2.5barと少し高めにしてみました。
木の根や段差越えは非常にスムーズです。スカンジムなだけにアルミモデルと比較すると少し硬さは感じます。エアー圧を落とせばもっと快適になりますし、26インチと比べると別格のショック吸収性です。少々のギャップも、フルサスのごとくペダリングしながら楽に乗り越えてゆくことが出来ます。なおかつ、スカンジウム特有の剛性を生かしてフルサスにはマネの出来ない加速性を実現しています。

 ハンドリングは癖が無くスムーズです。車輪の大きな29erに乗ると最初は取りまわしにくく感じるかもしれませんが、慣れると全く問題有りません。長めのトップチューブ(587mm)のため直進安定性は抜群でありながら、ハンドルポジションを工夫することでタイトなコーナーも攻めることが出来ます。
29erのセッティングで重視するのは、ハンドル幅を広くし、ハンドルポジションを上げることです。ハンドルポジションを上げることで前輪加重を減らしてトラクションが良くかかり推進力につながります。広いハンドルバーはモーメントの大きなホイールを取りまわしやすくします。XCレース界でも低く狭いハンドルポジションは見直されつつ有ります。

<STANZ ZTR29リム:抜群の軽量性・NoTube仕様>
air2.jpg
<Salsa PRO MOTO カーボンバー :11°ベンド・600mm幅で余裕のハンドリング>
air5.jpg
<林間のトレールにオレンジカラーが映えます>
air7.jpg
posted by パズ at 18:00 | TrackBack(0) | Bike & Parts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

Niner SIR9の画像

今回はNiner Bikeのフラグシップモデル、SIR9です。
SIR9は29erシングルスピード仕様と変速(ディレーラー付き)仕様のコンバーチブル(兼用)モデルです。
フレーム素材は「レイノルズ853クロモリ」です。
クロモリですので重量は2kgと少し重めですが、スチールフレーム独特の反発力は素晴らしいものが有ります。

まずは全体像
またまた色合いは撮影技術が未熟のためご勘弁を。色合いはメーカーページの方が正確です!
画像のフレームはSサイズ、色はHot Tamale(赤)です。
sir9_1.JPG

Air9と同様のSベンドしたシートステーとチェーンステー
クロモリフレームならでわの美しい曲線美です。
sir9_7.JPG

アーレンキーで取り外し可能なヘッドバッジ
sir9_2.JPG

SIR9の心臓部:EBB(エキセントリックBB)仕様のBBシェル
このBBシェルでシングルスピード時のチェーンテンションを調整します。
sir9_3.JPG

リアエンド部:リアエンドのディレーラーハンガーはシングル用(ハンガー無し)とディレーラー用(ハンガー付き)の2種類が付いてきます。
sir9_5.JPG

Niner Bikeのトップチューブにペイントされている「Pedal Damn it!」
Damnの意味は:のろう、地獄へ落とす、けなす
Damn itは卑語で「こんちくしょう!」「くそくらえ!」「いまいましい!」のようです。
なんと表現して良いのか考えましたが、
「こんちくしょう!登ってやる!」と解釈しましてみました。
激坂を前にして登れるかどうか、このトップチューブのペイントを見て奮起する気持ちですね!
sir9_8.JPG

最後の画像は、こちらも標準貼付のタッチアップペイントです。
赤なので血のようでドギツイですね。
sir9_9.JPG

Niner Bikesはサイクルガレージ パズで取り扱っております。ぜひご覧下さい。
posted by パズ at 20:32 | TrackBack(0) | Bike & Parts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

Niner AIR9の画像特集

Niner Bikesの画像はメーカーホームページでも綺麗な画像がアップされていますが、
今回はちょっと私の視点で解説しながら画像を紹介してみたいと思います。
まずは全体像
撮影技術が未熟なので、色合いはメーカーページの方が正確です(^_^.)
画像のフレームはMサイズです。
Mサイズ以上はダブルボトル仕様になっていますが、Sサイズの場合はシートチューブのボトル台座は付かずシングルボトル仕様です(シートチューブが短いため)。
全体像

綺麗にSベンドしたシートステーとチェーンステー
タイヤクリアランスを確保しながらショック吸収
ベンドステー
スカンジウムの証しEastonステッカー
ステッカー
美しいポリッシュのヘッドバッジ
ヘッドバッジ
実はこのヘッドバッジはアーレンキーで外すことができるのです。
ドロやゴミが詰まっても簡単にクリーニングできますね。
ヘッドバッジ2
純正のタッチアップペイントが付属(シルバーモデルを除く=シルバーは地色のため不要)。
ヘッドバッジといい気の効いた配慮です!
タッチアップ

Niner Bikesはサイクルガレージ パズで取り扱っております。ぜひご覧下さい。
posted by パズ at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bike & Parts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

29erの実力

アメリカのMTB雑誌「Mountin bike action」のサイトで29erタイヤレビューのページが有ります。

http://www.mbaction.com/detail.asp?id=1858

GARY FISHER PARAGONの29erとPARAGON26インチカスタムモデルのテスト走行をしたページです。

PARAGON26インチは存在しないのでジェネシスハードテイルのモデルでしょう。

テストバイクは下記の仕様

1.軽量29er:PARAGON29er STANS ZTR 29インチリム、STANS CROW29インチタイヤ

2.標準29er:PARAGON29er PARAGON標準ホイール、STANS CROW29インチタイヤ

3.標準26 :PARAGON26 PARAGON標準ホイール、STANS CROW26インチタイヤ

PARAGONの標準ホイールはボントレガー・レースが付いています。重量は両輪で1930gで、STANS ZTRリムのホイールは両輪で1625g、差は300gほどでしょうか。この差は登りで足に来る負荷が格段に違いますね。

テスト結果(番号は上記の仕様の番号)

* 1/10マイルの加速走

 結果 1:25.826秒、2:28.695秒、3:26.782秒

* 1/4マイルのヒルクライム

 結果 1:2分19.014秒、2:2分30.961秒、3:2分26.617秒

* 1・1/4マイルのクロスカントリー

 結果 1:8分19.243秒、2:9分15.938秒、3:8分56.833秒

* 1/10マイルのダウンヒル

 結果 1:29.698秒、2:29.605秒、3:29.780秒

* 加速走の方法がよく分かりませんが、1/10マイルのダッシュでしょうか?ココで驚くのは加速走で軽量29erが26インチより成績が良いことです。踏み出しは多少重くても400mの中では充分に加速するということでしょう。
* ヒルクライムとクロスカントリーでも軽量29erが一番の成績。
・400mのヒルクライムで26インチに対して7秒差
・2kmのXCで26インチに対して37秒差は大きいです。
* ダウンヒルだけは標準29erが一番で、重いホイールの方が惰性が付くのでしょう。
posted by パズ at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bike & Parts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。