niner_logo.jpg logo.gif
29er(トゥナイナー)MTB(マウンテンバイク)専門メーカーNiner Bikes代理店CycleGaragePAZの日記

2007年12月17日

NinerBikesのディーラーロケーター

NinerBikes社のホームページにディーラーロケーターのページが有ります。
http://www.ninerbikes.com/stores/stores.php

当店も載っているのですが、
検索に工夫が要ります。
Countryには何も入れず、
State/Province.にhokkaidoと入れると下記のページが表示されます。

ですが、出てくる地図は北海道の真ん中、
大雪山系の真ん中あたり・・・
なんぼマウンテンが好きだって(笑)
map.jpg

NinerBikesの紹介が、とうとう2chにも・・・
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/bicycle/1191927379/

12月20日発売のバイクラにもインプレ記事が載ることだし、
いよいよメジャー入りでしょうか?
posted by パズ at 22:27 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

身長の低い人には29erは無理?

しばらくぶりの更新です

タイトルの件ですが、2chあたりでも論議されているようで・・・
結論から申しますと大丈夫です!
私の身長は162cmですがまったく問題ありません。
むしろ26インチに乗っていたときよりも安定しています。

たしかに大きなホイールに小さな人が乗ると子供が大人用の自転車に乗っているような感じがするでしょう。
ホイールが大きいからジャイロ効果で進んでくれ、安定もするのです。
車に例えるならジムニーを思い浮かべてください。軽の車体に16インチのホイールです。16インチなんて大型の4WD用のサイズです。
そのホイールと小さな車体で、多少のギャップをものともしない走破性は日本のオフロード界に君臨しているのです。

足つきの問題はどうでしょうか?
AIR9(Sサイズ)のスタンドオーバーハイトは28.2"(716mm)で26インチと大差有りません。

29erはホイールが大きくサスが長いのでヘッドの位置が高くなります。
したがって背の低い人にはハンドルポジションを下げるのに限界が有ります。実はこれも問題無いのです。
29erではハンドルポジションは高くすると楽に早く乗ることが出来るのです。
ですから、26インチの時のポジションは捨てて、高めのハンドルポジション、サドルは前乗りにすることで良く進み、操作性もアップします。

12/20発売号のバイシクルクラブ誌の29er特集で、ライタ選手がAIR9をインプレした記事が載ります。身長170cmのライタ選手がインプレした29erがどのような評価か楽しみです!

最後に私のバイクの画像をアップしておきますので、ポジションの参考にしていただければ幸いです。
IMG_0010.JPG


posted by パズ at 22:35 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

Cycle Mode東京No2

その他もろもろ画像です。

FELT F1
カーボンロードバイクです。
felt.jpg

GT ザスカーカーボン
2008GTのカーボンバイクの完成度は高いです!
zas.jpg

GT マラソンカーボン
こちらもカーボンバイク。ついにFUELと戦えるカーボンフルサスが出ました!
mara.jpg

FISHER SUPERFRY29
29er生みの親、フィッシャーが満を持して出したカーボン29er。
10.2kgと軽量、試乗しましたが完成度は高いです!
superfly29.jpg

FISHER HiFi29
NinerRIP9のライバルですな!
hifi29.jpg

FISHER FERROUS29
こちらはクロモリモデル。NinerSIR9、MCR9のライバルです。
feros29.jpg
posted by パズ at 00:39 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

Cycle Mode東京No1

お待たせいたしました。
Cycle Mode東京の画像報告です。

SALSA DOS NINER
1インチリアサスは29er効果にプラスで充分なショック吸収。
乗り心地もソフトで、トラクションも良くかかりました。
フルサスで1.8kg!
dosniner.jpg

SALSA EL MARIACHI
シングルスピードとマルチギアの兼用モデル。
クロモリフレームで、29erホイールがショック吸収してくれますので、リジットフォークでも乗り心地はソフトです。
elmariachi.jpg

SALSA MOTO RAPID
26インチハードテイル。
リア三角が扁平加工されており、カーボンのシートチューブがショック吸収を助けてくれます。
1.45kgと軽量なXCハードテイルです。Jエリートライダーの江下選手も使用のモデル。
motorapid.jpg

SALSA ジャージ
ポップなデザインのSALSAジャージ
展示はされていませんでしたがグローブやパンツなどもラインナップされています。
salsa_jerjy.jpg





2007年11月20日

道産子ライダーin Cycle Mode

サイクルモードで会った道産子ライダー達です。

小野寺健選手「SUBARU GARY FISHER」
ken.jpg

堂城賢選手「GARY FISHER」
masaru.jpg

山本和弘選手「CANNONDALE」
写真撮るの忘れてました・・・サイン入りポストカードでご勘弁を
kazuhiro.jpg

試乗車のFISHER SUPER FRY29を駆ってエキシビションのショートXCで優勝した小野寺健選手
ken2.jpg

サイクルモードの情報、小出しですみせん。
今日はバイシクルクラブ誌への、AIR9テストバイクの発送などで超多忙でした。
明日以降、本格的にアップします!

posted by パズ at 20:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

AIR9でのレースリポート

 京都のIさまから、AIR9での4時間耐久レース参加リポートが寄せられました。
 スカンジウム製29erのAIR9の耐久レースでの性能に満足されたようで、何よりです!

>以下転載
11月11日(日) 滋賀県の虎姫の4時間耐久レースに「AIR9」で参加してきました。

当日5時半に集合して京都から名神で滋賀に4人でむかいました。
どんより雲に少し小雨もぱらついて、ちょっとやる気は萎えつつも会場に7時ごろに到着。もうすでにたくさんチームがピットをつくってました。

我々のチームからは4人がエントリー全員4時間ソロの部ですが、
なんとソロのピットはめっちゃ狭くて、机といすが少しあるのみ。
一応コース上にあって選手交代の為のピットロードを走らなくていいけれども、
あまりの扱いのひどさにがくりです。(ペアやトリオのピットはかなりありました。)

気を取り直して試走へ。
今回初めての参加でしたが、コース事体は簡単なコースで、公園の中を走るという感じです。登りもほとんどが舗装路ファミリーの参加も多いので配慮してあるのだと思います。

スタート順位のための予選もありましたが、キャンセルしてスタートまでのんびりしていました。
そして10時半にスタート早い目に並んだので4列目からスタートできました。(予選のメリットあんまりなし)
先頭は招待選手(山本兄弟、小野寺、鈴木雷太選手等豪勢でした。)がひき、ローリングスタート。
スタートは苦手ですが、そこそこの好位置で本コースに入れ、舗装路の登り、ダートの下りをこなしていきました。
このコース1週3,6キロなんですが、田んぼのあぜ道の平地のコースも半分くらいあります。
実は登りよりも、この平地ががんばり過ぎると足にくるので、ここをマイペースで抑えたおかげで悪くないペースで周回していきました。

途中僕より早い知り合いとかに抜かれていく時でも「調子いいやん」「今日早いやん」とか声をかけられたのですが、自分ではいつもの感じで走ってた感覚なんで、不思議でしかたなかったです。
29erバイクは耐久に向いているのか、タイヤがコースにあっていたのか(ケンダ カルマ1,9)わかりませんが、途中お腹がすいたり、チェーンにオイルをさす為に止まったりしたのですが、僕より早い人にも追いつかれず、あっという間に4時間はたってしまいました。トラブルなく無事完走できました。

走り終わって、ソロ65名中21位と予想外に順位もよかったのでびっくり。
スカンジュウムのフレームでも硬い感じは全くありませんでした。


p.s 店主より
サイクルモード東京から帰ってきました。
詳しいレポートは、準備中ですのでお待ちください。
驚きの報告が出来るかもしれません!
posted by パズ at 15:54 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

NinerBikes2008カタログ

NinerBikes社から2008カタログが送られてきました。

来期モデルのフルサス29er、JET9も載っています。
まだメーカーサイトには載っていないので、スキャン画像を載せます。
JET9のジオメトリーを見ると、RIP9との違いはフロントセンター・ホイールベースが短めなのと、サスペンションストロークが100mmから80mmになってクロスカントリー向けになっていることです。

このカタログを持>って、サイクルモードで雑誌社に宣伝してくるつもりです。

jet9-1.jpgcatarogue.jpg
jet9-2.jpg
posted by パズ at 16:56 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

NoTube化のレポート<Kさま>

神奈川県のKさまから、NoTube化のレポートが届きましたので、転載させていただきます。

<以下本文、→部分追記>
 早速ですが試してみました。*コンプレッサーはありません。
 NoTube作業中で何度ポンピングしても空気が入らない状態が続きま
したが(洗剤で泡状にしてもなかなか・・・・)、
 サーフボード等をキャリアに縛る平たいロープ→タイダウンベルトです
でタイヤを平均的に固定し、タイヤに圧着しポンピングした所簡単に空気が
入りました(洗剤の泡も付着した状態です)。
 *オートバイのチューブレス化の時に友人がやっていたので、
自転車でもと思い試してみた所一発でうまく行きました。

 ☆アメリカンクラシックホイールではなく試しにやってみたため
 ☆ボントレガー スーパーストック 29 にて作業しました。
 タイヤはNoTube製→Crow Tire29X2.0です。
コンプレッサー無しでオートバイは出来たので、自転車でもと思い試した
次第です。
 コツはベルトをあまり閉めすぎず、適度な圧着程度で行えばよいと思います。
 空気もれも今の所ありません。

 また、NoTube作業時の洗剤の泡ですが、家庭用洗剤よりカーシャンプーの方
が泡立ちが数段良いので、ポンピング時のタイヤからの空気もれも少なくなる
と思います。
 *車用は泡立ちをよくし、ボディーに洗浄傷(スポンジでこする時にでる傷)
を少なくさせるらしいです。

<パズから>
 タイダウンベルトを使う方法は以前に聞いたことが有りますが、実は試して
いませんでした。ショップにはコンプレッサーという伝家の宝刀が有るので、
ついつい怠けてしまいます・・・反省
コンプレッサーを持っていないユーザーにとっては朗報ですね!
 これからもパズ通信は会員様との双方向のお付き合いをしたいと思います。
皆さんからの感想、レポートなどお待ちしております。
posted by パズ at 22:17 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

NoTube化のFAQ

今回はNoTube化をしたときのFAQについてです。

Q1.パンクしたときはどうする?
A1. チューブレスでも、タイヤに穴が空いてパンクすることが有ります。
 釘やガラスが刺さった穴程度でしたら、NoTube液が塞いでくれます。
 石などでカットしてしまってふさがらない場合は、通常のチューブを入れて修理します。その際、穴が大きいようでしたらPARK TOOLのタイヤブートなどをタイヤの裏から貼って補強する必要が有ります。これは通常のチューブレスでもチューブ入りのタイヤでも同じですね。
 その後、そのタイヤをチューブ入りにして使う場合は、タイヤ内に残っているNoTube液を拭き取って良く乾かしてください。それでないと、液が固まってチューブがタイヤ裏に貼り付いてしまいます。

Q2.一度NoTube化したタイヤを再度NoTube化するときの液の量は?
A1. 初回のNoTube化の時は26インチで60cc程度、29インチで90cc程度の液を入れます。
 2回目以降はタイヤ裏に液が染み付いていますので2/3程度の量で充分です。

Q3.液の追加方法は?
A3. バルブから液を追加します
 NoTube用バルブはバルブコアがはずせますので、そこから注射器や専用インジェクターを使って液を追加します。

Q4.どんなタイヤがNoTube化できるのか?
A1.ケースバイケースです
 私の実績では、下記のタイヤでうまくいきました。
26インチ:パナレーサー レーザーXC、IRCミブロ、IRCミブロマラソン、
     NoTubes Crow Tire、ボントレガーJONES XR、マキシス イグナイター、IRCシラクXCライト
29インチ:ボントレガーJONES XR、マキシス イグナイター、
     KENDA KARMA、NoTubes Crow Tire、パナレーサー ランペイジ
 STANS社のホームページにも載っていますが、ここで互換性が無いといわれているIRCのタイヤでも大丈夫なものも有りますし、互換性があるといわれているメーカーでも、KENDAのクライマックスライトなどの超軽量タイヤではエアー漏れが激しすぎて使えないもの有ります。
 NoTube化にあたっては、超軽量タイヤを使わなくともNoTube化によって充分軽量化出来ますので、そこそこ強度の有るタイヤを使ってチューブレスのグリップを楽しむのが良いですね。
posted by パズ at 20:50 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

NoTube液を使用したチューブレス化・・・完成編

いよいよ、チューブレス化の仕上げです。
ここまでは地道な作業をしてきましたが、これからは一気に仕上げます。

■手順
1.タイヤのビードを片側だけ外します
 チューブを入れえて膨らませておいたタイヤのビードを片側だけ外して、チューブを抜きます。
 この時に、もう片方のビードが外れないように注意深く外してください。片方のビードがしっかり上がっていれば、この後にエアーを入れるときにエアーが漏れる可能性が有るのは片側のビードだけになるのです。
2-1.jpg
2.専用バルブをリムに嵌めます
 専用バルブのバルブコアを取り外した状態でリムに嵌めます。
 バルブコアを外すのはプライヤーでも廻せますし、専用の工具も有ります。2-2.jpg
3.タイヤにNoTube液を入れます
 入れる量は26インチタイヤで60cc程度(付属のカップで1杯)、29インチで90cc程度(付属のカップで1杯半)が標準です。
 カップを使って液を入れた後は、タイヤのビードを嵌めなおします。
2-3.jpg
4.タイヤビードに洗剤を塗ります
 水に溶かして泡立てた洗剤(台所用洗剤です)をタイヤビードに塗ります。塗るのは外したほうのビードですね。これにより、膨らませるときのエアー漏れを防ぎます。塗った後は、ブラシなどでこすってください。
2-4.jpg
2-5.jpg
5.タイヤを膨らませます
 画像のようにホイールをバケツなどの上に水平に置きます。
 外して嵌めなおした方のビードが下になるようにします。タイヤの重みでビードが下がって密着しやすくなりるのです。
 さらに、ホイールの上に他のタイヤを重石として2本置きます。
 そして一気にエアーを入れます。フロアポンプの場合、本当に必死に入れる必要が有ります。膨らまないときには、サイクルショップ、ガソリンスタンド、カー用品店のサービス工場などでコンプレッサーを借りるしかありません。バルブコアを外したフレンチバルブは車用のシュレーダー用インフレーターでもエアーは入ります。2-6.jpg
 ある程度タイヤが膨らんだら、バルブコアを付けます。ポンプの口金を外すとブルブからエアーが漏れてきますので、指で押さえながらバルブコアーを入れます。
 バルブコアーを入れたら、エアーを継ぎ足します。この時に、3bar以上の空気圧にしてはいけません。それ以上入れると、タイヤのビードが外れてバーストする危険が有ります。最悪の場合、リムが変形してポテチになります・・・
 この後、タイヤを振ったり、手毬のように弾ませて、液をタイヤ内に行き渡らせ、ビードがら漏れる液でビードの隙間を埋めるようにします。
10.一晩寝かせます
 エアーの漏れが収まるまで、画像のようにバケツなどの上に水平になるようにし一晩寝かせておきます。
 2-7.jpg
 大体、1〜2日でエアーの漏れが少なくなり、少し走行すると液も行き渡りやすくなり、エアーの漏れが無くなってきます。
 落ち着くと下手なUSTリムとタイヤの組み合わせよりも、エアーの漏れが少なくてビックリしますよ!

 次回は、ご質問の多いNoTube化をしたときのメンテナンスなどについて解説いたします。
 
posted by パズ at 21:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

NoTube液を使用したチューブレス化・・・下地作り編

さてさて、お待たせいたしました。
まずは、NoTube液を使用したチューブレス化の下地作りです。

この下地作りが大切なのです。
■手順
1.スキュアー、ディスクローター、カセットギヤなどは外す
 これは、作業中にNoTube液がこぼれてしまって汚さないためです。
1.jpg

2.ホイールを振取台に固定します。
 振取台が無ければフレームに固定してもよろしいです。
2.jpg
3.紙やすりでリムのチューブ面を擦ります
 リムテープが張り付きやすくするために、リムのチューブ面を荒らします。3.jpg
4.削りカスをふき取ります
 ディグリーザーを吹き付けたウェスでふき取ります。
 この後、充分に乾燥させてください。
 また、ニップルホールなどに埃やカスが残っていないか確認してください。残っていると、エア漏れの原因になります。4.jpg
5.NoTube用リムテープの端を切り落とします
 テープの端は埃や手垢が付いていて接着力が弱まっていますので、もったいないですが2〜3cm切り取ります。5.jpg
6.リムテープをリムに貼り付けます
 貼り付け始める位置は、ブルブ穴の反対側付近、リムのつなぎ目の辺りで、ニップル穴とニップル穴の中間くらいから張ります。
6.jpg
7.1周貼り付けます
 リムのエッジにテープが綺麗に収まるように注意しながら、強く引っ張り、シワが無いように1周貼り付けます。
 巻き終わりは5cmほど重ねて貼ってください。
7.jpg
8.隙間の無いようにしっかり貼り付けます
 指やタイヤレバーなどを使って、隙間や空気の入り込みが無いようにしっかりと擦ります。8.jpg
9.バルブ穴を開けます
 カッターを使ってリムテープにバルブ穴を開けます。棒ヤスリや熱した+ドライバーを使って端面を綺麗に整えます。
9.jpg

10.タイヤとチューブをはめます
 ここで一旦、リムテープを圧着するために、チューブを入れてタイヤをはめます。10.jpg
 今回使用したタイヤは「マキシス イグナイター2.1」です。
10.しばらく寝かせておきます
 タイヤをはめてエアーを入れた後、リムテープを圧着させるためにしばらく寝かせておきます。約2時間くらいで大丈夫でしょう。

 というわけで文章も長くなったので、続きは明日です。
posted by パズ at 19:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。