niner_logo.jpg logo.gif
29er(トゥナイナー)MTB(マウンテンバイク)専門メーカーNiner Bikes代理店CycleGaragePAZの日記

2010年10月21日

カンパニョーロ・テクニカルセミナー

昨日(10月20日)は札幌でカンパニョーロジャパンのテクニカルセミナーでした。

2011モデルの紹介とメンテナンス講習。

2010モデルから大きく変わったのはアテナ以下のグレードで、
・クランクがウルトラトルクからパワートルクに変更
 →左右別々のインテクグレーションから右クランク1本のみのインテクグレーションへ
・エルゴパワーレバーの一気シフトが3アップ・5ダウンから3アップ1ダウンへ変更
 →シフトアップが1段づつに減りました
・ケンタウル、ヴェローチェのブレーキがスケルトン(肉抜き)から通常の裏側の肉抜きへ変更
これによりアテナ・ケンタウル・ヴェローチェのコストダウンで価格が大幅に手頃になりました。
レコード・コーラスなども円高の影響で安くなっています。
コストダウンしながらも強度が不要な部分の削除等により全体で軽量化になっています。

他にも紹介しきれませんが、
レコードなどでのベアリングの変更などモディファイが加えられています。

カンパニョーロの良いところは同じ10s同士、11s同士ではグレードが違っても互換性が有るところですね。
例えばレバーがアテナ、ディレーラーがレコード、クランクがコーラスなども可能です。

ここからは耳寄り情報!

カンパニョーロのモデルでシルバーポリッシュが残っているのはアテナ(11s)とヴェローチェ(10s)のみです!
カンパニョーロジャパンの話ではシルバーポリッシュが売れているのは日本市場くらいで欧米ではブラックのほうが売れています。
いずれシルバーポリッシュが廃盤になる可能性が有るので、有るうちに買っておいてくださいだそうですww
シマノもSRAMもシルバーポリッシュが消えていっている現在、シルバーポリッシュの生産を続けているカンパは頼もしいですね。
シルバーポリッシュファンのみなさんカンパを使用して存続させてやってください!
IMG_0150.JPG

IMG_0151.JPG

シクロクロス用のCXコンポ
 クランクとホイールが紹介されていました。
 画像は有りません・・・
 クランクは50x34Tと46x36T、10sと11sのモデルが有ります
 ホイールはシロッコとベント、カムシンに設定
 クランク(BB)、ホイールともにベアリング部のダストシールを強化した仕様になっています。
 シクロクロスならずとも通勤仕様のバイクなどにも最適ですね!
 
posted by パズ at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bike & Parts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。