niner_logo.jpg logo.gif
29er(トゥナイナー)MTB(マウンテンバイク)専門メーカーNiner Bikes代理店CycleGaragePAZの日記

2010年02月18日

GIANTテクニカルセミナー

定休日の昨日は札幌に出張してGIANTテクニカルセミナーでした。
情報アップしてませんが先週はMAVICのセミナーでした。
MAVICのほうは15QRハブのOHなど、紹介する余裕が無いので割愛・・・

講習内容は、
SID XXサスペンションフォークのオーバーホール
HEYES STROKERのブリーディング
AVID ELIXIRのオーバーホール&ブリーディング
など。
IMG_0078.JPG
HAYESのブリーディングなのにWAKOSのDOT4オイル(BF4)を使ってます(笑)

IMG_0076.JPG
油圧ディスクキャリパーの構造を図解で解説

IMG_0077.JPG
HEYES STROKERのリザーバータンクは縦型なのでちょっと複雑です。
ブリーディングにもコツが要ります。

XXサスペンションフォークはモーションコントロールのロックアウトスイッチがワイヤー式から油圧式に変わりました。
REBA XXも同様です。
これまで泥詰まりなどで動作しなかったことが有りましたが、
これで安心ですね。

あらためて紹介しますが、
油圧ディスクキャリパーのピストンの動きが悪くなっても
ピストンにグリースなどを塗ってはいけません。
雑誌などでまことしやかにシリコングリスを塗ると良いなどと書かれていますが。
このへんの理屈を図解で解説していました。
Oリングゴムの変形でピストンを元に戻す構造になっているのに、
グリスを塗ると余計に戻りにくくなるからです。
動きが悪いときは分解してクリーニング。
それでもダメなときはOリングの交換です。
posted by パズ at 20:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | Bike & Parts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勘違いしている人が多いので仕方がないとは思いますが。
オーリングとはシールの断面の形状が円つまりOなのでOringなのです。
ディスクブレーキのシールは断面が台形になっていますからOringとは呼びません。
Posted by オーリング at 2010年04月08日 17:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。