niner_logo.jpg logo.gif
29er(トゥナイナー)MTB(マウンテンバイク)専門メーカーNiner Bikes代理店CycleGaragePAZの日記

2009年12月26日

クロモリフレームの防錆対策

画像はレイノルズ631クロモリスチールのフレーム。
steel.jpg

鉄はアルミに比べて錆やすいので外部の防錆対策に気を使うだけでなく、
フレーム内部の防錆対策も必要です。
湿気や水分の浸入によってフレーム内部が腐食するからです。

当店では組み立て時にフレーム内部にWAKOSラスペネを吹きつけています。
もちろんオーバーホール時にも写真のようにパーツを外した状態で防錆スプレーします。
steel2.jpg

日常的にはそこまでしなくとも、
シートポストを抜いたり、ステムを外しフォークを抜けば、
トップチューブ、ダウンチューブ、シートステイにスプレー出来ます。
溶接時のガス抜き穴が開いているフレームは、その穴からスプレーすることも可能です。
お勧めの防錆スプレーは
WAKOSラスペネ
RESPO防錆スプレー
ですね。
posted by パズ at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bike & Parts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。