niner_logo.jpg logo.gif
29er(トゥナイナー)MTB(マウンテンバイク)専門メーカーNiner Bikes代理店CycleGaragePAZの日記

2011年11月04日

29erSSライダーズミーティング

帰ってきてから溜まったお仕事に追われていたら早一週間近くたってしまいました(笑)

29erSSライダーズミーティングのご報告です。


29ss1.jpg

今年は何といっても、みっつんが来てくれました!

みっつん用に用意したNINER AIR9 CARBON SS仕様バナナくん
29erss3.jpg

1日目10月29日(土)
午前中はジムカーナ

すみません画像を撮り忘れました・・・
パイロンを置いてスラロームするものです。

午後からは、
オリエンテーリングです。

グループに分かれて、やまめ工房のおちえさんが選んだ安曇野の美味しい店を
地図で探してお買い物をしてくる。
道祖神や名所を探して写真を撮ってくるというミッションです。
うちのグループは6人でしたが2人遅れてきたので、
みっつん、やまめの大工JINさん、わたし、の3人。
 キャットアイのINOU(イノウ)で撮ったGPS&画像データはこちらです。
 http://www.inouatlas.com/trip/detail/7600/
 http://www.inouatlas.com/trip/detail/7678/
 「自動で撮影した写真」にチェックを入れるとスライドショーで見れます。
 【オリエンテーリングの様子】
 最初に寄ったパン屋さん
 29erss4.jpg
 2件目に寄った物産店
 お店の人と記念撮影してくるのがお約束です。
29erss5.jpg



2日目10月30日(日)
この日はトレイルツーリング、グループツアー、やまめの学校と別れます。
やまめの学校見学の様子


あいにくの雨だったので座学が中心です。
重心に乘り方
29erssyamame1.jpg

こちらも同じく重心の乘り方
29erssyamame2.jpg

ケンケンして自転車に乗れますね?
利き足の左からですと簡単に乗れますよね。
29erssyamame5.jpg

反対側からですとどうでしょう
29erssyamame4.jpg
なかなか難しいです。
左右どちらからでもバランスよく乗れないとコーナリングのバランスが良くなりません。
それと斜面で足を付いて再乗車するときも利き足を使えるとは限りません。

ボトルを置いて直前で止まる練習
29essyamae6.jpg
後ろ荷重でも後輪はロックしてしまいます。
荷重がかかったほうのブレーキを効かせてしまうからです。
ここでも大事なのは重心に乗ること。
やまめでは激坂でも後ろ荷重(サドルの後ろに乗って)下りません。
ちゃんと重心に乗って◯◯なポジションを取れば安全に下れます。
◯◯の部分は、やまめの学校を受けてくださいね!
posted by パズ at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GIANT試乗会in富士見パノラマリゾート

富士見パノラマリゾートで開かれたGIANTプレミアムディーラー(GPM)試乗会に行って来ました。

同じ週末に長野県安曇野市で開催の29erシングルスピードミーティングに行く前の寄り道ですね。

■午前中にGIANTからの製品プレゼンテーションとサポートライダートークショー。

 マエストロサスペンションシステムと他社とを模型を使って説明。
 ブレーキング時のキックバックが無いのがマエストロの優位性です。

■トークショーに出演は
 XCライダーの門田選手
 DHライダーの青木選手
 ロードで湘南ベルマーレの山川選手

 XCではワールドカップ、世界選でももはや標準となった29er
 門田選手も来季は使いたいと言ってましたよ!

 プレゼンテーションでも特徴を紹介されたTCR SL、
 山川選手も使っていてカーボンに劣らない振動吸収性でなおかつ軽量。
 今年のツールド北海道もこれで完走したそうです。

■午後からは試乗会です
 富士見パノラマリゾートのXCコースと周辺道路を実走出来る本格的試乗です。
giant.JPG
 
・TRANCE X1 価格294,000円
trance.JPG
 XC・トレイルバイクに最適なフルサスバイク
 ANTHEMと比較して少々重いですがゆったりと登るぶんには問題ないです。
 125mmストロークなので下りはDH的に楽しめました。
 ハードテイルバイクでちょっと苦労する木の根やロックセクションも
 楽々と下ってこれるのは楽しいですね。

・XTC COMPOSITE 29er 1 価格241,500円
xtc29er.JPG
 満を持して国内取り扱いとなったハードテイル29erのXTC 29er。
 トップ長が試乗したMサイズで595mmと短く
 コーナリングでクイックに切れ込みすぎる印象でした。
 ハンドル幅が690mmとやや狭いのでNINERよりも荷重移動しすぎたのも有るかもしれません。
 20万円台前半でカーボン29er完成車が手に入るのはNINERには脅威ですが(笑)
 ホイールやパーツは後でアップグレードしてゆくには手頃な価格ですね。
 
・ANTHEM X 29er 1 価格294,000円
anthem29er.JPG
 マエストロフルサスの29erです。
 フルサスで乗り心地が良くなるのはもちろんですが、
 良く出来たフルサスは押されているような乗り心地で登りも楽になります。
 こちらもGIANTの設計路線かトップが短いです。
 試乗車がSサイズで小さかったことも有りますが荷重移動にはやや気を使います。

・TCR SL3 価格189,000円
tcrsl.JPG
 ハイドロフォームアルミのよく出来たバイクはNINER AIR9と同様に、 
 アルミバイク特有のゴツゴツ感がなく振動吸収と剛性のバランスが良いです。
 TCR SL3は比較的廉価なパーツで組まれていますが総重量7.7kg。
 軽量ホイールやパーツで組めば6kg台も可能でしょう。
 完成車販売しかありませんが、
 標準のホイールを練習用にしてレース用ホイールを用意するなどすれば
 コストパフォーマンスも充分でしょう。

 画像はありませんがDEFY COMPOSITEやTCR COMPOSITEも試乗しました。
 
■試乗したロードバイク、29erMTBの感想としては

 ・軽量アルミロードバイクのTCR SLはイチオシ!
 ・29erはトップ長が短いので出来るだけ大きめのサイズをチョイスすると良いでしょう。
  いずれもホイールは廉価なものが付いていますので軽量なホイールにアップグレード
 することを見越して購入すると良いですね。
posted by パズ at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bike & Parts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。